リプロスキン 楽天

赤く腫れているニキビが同じ所に何回もでき続けているのを毎回潰すと跡が出来やすいように思う。

思春期の時期には毎日のようにニキビに悩まされていました。
ニキビには2パターンあり、あまり痛みもなく腫れもせず、潰すと角栓が取れて治りが早いタイプと、触れるととても痛いし赤く腫れていて、痛みを堪えて潰すと血が出てくるだけで治りも遅いタイプがありました。

 

赤く痛みを伴うほうは、とても目立つし、毎回ほぼ同じ場所に出来るのでとても困っていました。

 

当時は潰せば早く治ると思い込んでいたので、痛みを我慢して潰していると、毎回同じ場所だったからか、ニキビ跡になってしまったことがあり、とてもショックでした。

あるだけで、清潔にしているのに不潔に見えてしまう。

中学生の時、鼻の横に大きな大きなニキビができました。
どんどん膿がたまり、潰すのを我慢しきれずお風呂のときに潰して芯を出してしまいました。

 

その時はそれで綺麗になったので良かったのですが、あとあとそこにクレーターができてしまいました。

 

10年以上たった今も消えずに残っています。

 

メイクをすれば隠れる程度ですが、あの時我慢できていたらなかったであろうクレーターを見ると本当に後悔です。

 

今ではたまに小さくぷつっとニキビのようなものができる程度ですが、これ以上ニキビ跡を増やさないよう気をつけてケアして行きたいと思います。

ニキビ跡は頑固

ニキビ跡という言葉にはもう縁がない年代になり、その言葉を聞くだけで甘酸っぱい青春の思い出が蘇ってきます。
私は幸いなことにあまりニキビに悩まされることもなく青春時代を送りました。

 

これは今でも癖になっているのですが、顔の皮脂を指で押し出すという行為です。

 

20代の頃、毎日のように顔の皮脂を出していたら、そこがニキビになって化膿してしまいました。

 

徐々に膨れ上がっていくニキビの芯を必死に取ろうと強引にぎゅうぎゅう押し出していたらやっと芯が出てきました。

 

しかし毛穴が広がってしまったようでニキビが治った後も穴が開いたままのような状態になってしまいました。

 

このことが教訓となり、強引にニキビの芯を取ることはしなくなりました。

一度跡が残ると一生消えない印象

中学生くらいからニキビが頻繁に出来るようになり、潰したらだめなのは自分では分かっているのですが、顔にプツっと出来たのを見ると、どうしても潰してスッキリさせたい心情に駆られて、ついついニキビを潰していました。
案の定、潰したところは跡が残ってしまい、気がつくと?のあたりにはクレーター状のあとが数カ所出来てしまいました。

 

今となってみると、何であの時潰してしまったんだろうと、鏡で顔を見るたびに後悔している毎日です。